単純な運動ではダイエットにはならない! ジョギングで気を付けるコトとは

ダイエット

ダイエットをしたければ運動をする。
これは間違いではありません。誰にでも言える事です。

特にウォーキングやジョギングは、特に準備するモノもなく
思い立ったその日からできますよね。

しかし、ただ単純に走るだけではダイエットにならない事をご存知でしょうか。

 

ダイエットとジョギング

ただ走るだけでは、ダイエットにはならないと書きましたが
それは一体なぜなのでしょうか。

ダイエットにおいて運動をすることの目的は、カロリーを消費することにあります。
では、普通にジョギングをした場合、頑張って3km走ったとして一体どのくらいのカロリーを消費したことになるのでしょうか。

それは、およそご飯一杯分だと言われています。
3kmも走ってご飯一杯分は割に合わないと思いませんか?

加えて、普段運動をしない人が突然にも運動を始めるとカラダに様々な以上をきたします。

その筆頭が「むくみ」です。
運動をしなれていないカラダが突然運動をはじめることで、むくみやすくなると言われています。

これが結構きつく、すぐにあきらめてしまう人も多いのです。

 

つまりただジョギングをするのではなく効率的に行わなければなりません。

では、効率的なジョギングとは一体どうすればよいのか。
それは、「適度な休憩」と「正しいフォーム」です。

15分に一回くらいのペースで適度に1、2分歩いてインターバルを設ける事で
カラダに突然負荷をかけたり、休ませたりということがなくなります。
これによってむくみを抑えられますし、しっかり呼吸を整える事で血中に酸素がめぐり
心地よい有酸素運動が可能になります。

また、正しいフォームで行うことで、しっかりとした全身運動となるので
ジョギングが、ただ走るだけの運動から、全身のエクササイズに変わります。




ダイエット
EVERSTERONE